【霰南部形鉄瓶(あられなんぶがたてつびん)】




 様々ある南部鉄瓶の形の中には、南部地方(岩手県中北部・青森県南部あたり)で作られた独特の「南部形(なんぶがた)」と呼ばれるものがあり、南部鉄瓶を代表する形の1つとして製作されています。


 茶の湯釜を起源とする南部鉄瓶は、江戸時代中期に「茶の湯釜」を改良(全体を小さくし、注ぎ口と取っ手を付けた)ことからその形が考案されました。


【茶の湯釜 】



 今ではシンプルなデザインや動植物など身近なものを型取った鉄瓶も多く見られますが、その昔は茶の湯釜に倣ったものが多くあったそうです。


 形にとらわれない自由なデザインが現代のように作られるようになったのは、明治から大正時代にかけてと言われています。その頃に、南部の釜師によって考案されたのが南部形鉄瓶 (スカートのような裾があり、その一部が欠けているもの) と言われています。


【南部形の裾の部分】



 南部形が作られた頃には、内国博覧会や日英博覧会、大正博覧会など、多くの博覧会が開催され、南部の釜師が腕を競ったことも様々な形の鉄瓶が生まれたきっかけになったそうです。


 現在、鉄瓶の形は40種類ほどありますが、南部形を含め、その多くが今でも伝統的な一定の形を守って作られています。


【代表的な茶の湯釜の種類】
伝統的工芸品シリーズ 南部鉄器 より



 田山鐵瓶工房の霰南部形鉄瓶では、繊細で小ぶりな霰文様が南部形鉄瓶の胴一面にあしらわれた、精巧なデザインとなっています。大きく迫力のある南部形鉄瓶に、細やかな霰文様が規則的に施された、高い技術力を要する作品でございます。

   



 詳細につきましては、ホームページ内、お問い合わせフォームよりご連絡ください。


【Arare Nanbugata Tetsubin】




 Out of the many Tetsubin shapes, one is a unique and popular shape is called "Nanbugata" which was originally created in the Nanbu area which used to span Southern Aomori and Nothern Iwate.


Since Nanbutetsubin originated from "Chagama (tea pot for tea ceremony)", it was devised by making a Chagama smaller and attaching a spout and a handle on it, in the middle of the Edo period.


【Chagama】



 There are a lot of different types of tetsubin whose designs and shapes are modern, inspired by animals, plants and things that are found in the local environment. However, previously most tetsubin's designs and shapes followed the traditional of past Chagama.


 People started innovating their tetsubin design from the Meiji period to the Taisho period. Around that time, the Nanbugata shape was created by artisans in the Nanbu area. (The Nanbugata tetsubin has a skirt-like design on its body and the hem is always chipped a little.)


【The chipped hem part】



 When the Nanbugata tetsubin was created, there were many exhibitions of artisan work such as the National exhibition, the Japan-British exhibition and the Taisho exhibition. Artisans competed each other, which helped them improve their skills. These events lead to many types of tetsubin being created around that time.


 There are about 40 different shapes of tetsubin out there nowadays, most of them including the Nanbugata shape are made retaining, to some extent, the traditional shape.


【A list of 40 main tetsubin shapes】
Reference to the Dentokougei series Nanbutekki


 Great proficiency is required to create a regular Arare pattern that is elaborate and exquisite across the whole surface of the Tetsubin.
 *Arare is a pattern of small balls.



 
 Please contact us via inquiry form in this website if you are interested.